教えて!給水管の更新工事

総合ランキング

積水工業株式会社
オススメ度★★★★★
イエコマ
オススメ度★★★★★
株式会社さくらメンテナンス工房
オススメ度★★★★

給水管工事を依頼する前に

老朽化した給水管は漏水・悪臭・水の出が悪いなど多くのトラブルを引き起こします。給水管の更新を行えば一気に解決できますが、工事の間は水が使えないため利用者に迷惑をかけますし、多額の初期コストがかかることも問題です。

安全衛生にも大きな役割を果たす給水管更新だからこそ、後々のことまで考えて慎重に業者を選ぶ必要があります。更新工事には様々な工法があり、それぞれの業者には得意とする技術があります。このサイトでは業者ごとの特徴やアフターサービス等も含めて比較しています。

もちろん費用や工期も重要なポイントになるため、実際には相見積りが必要になるでしょう。まずはこのサイトを参考にして、目的に合致した業者を何社かピックアップしてみてください。そのほか給水管更新・改修工事の基礎知識をはじめ、役に立つ情報も紹介しています。

積水工業株式会社

積水工業株式会社は一社完結で、お客様から依頼を受けて管理会社や下請けなどを通さずに済み企画や設計、施工だけでなくメンテナンスも行います。一社完結のメリットは中間マージンがなく工程がスムーズになり、かかる費用を減らせるため気軽に依頼できることです。

積水工業株式会社はWEBサイトで給水管の更新前後の様子を紹介し、目で見てイメージできるため不安を解消できます。給水方式の変更はおいしい水を作ることができ、受水槽の点検や清掃が不要で経費削減ができる設置スペースを有効活用すると効果的です。

給水管の更新を依頼する時は作業の内容やかかる費用が気になりますが、フリーダイヤルでスタッフに通話料無料で問い合わせると安心できます。お問い合わせの受付は24時間可能でメールでも行っているため、携帯電話で外出中に確認することもできて便利です。

イエコマ

イエコマは株式会社ネオロジーが運営する戸建て専門の家のメンテナンスを請け負うためのサイトです。戸建て住宅を専門に請け負うので集合住宅や事業所などは対象外となっています。株式会社ネオロジーは本部は東京都港区の芝浦に、つくば事務所は茨城県つくば市の梅園にそれぞれ所在しています。

この会社の対応できる地域は東京は離島を除く本土、神奈川と千葉と埼玉、群馬と栃木と茨城の各関東エリア、東北は福島と宮城の各県、中部は静岡、愛知、山梨、長野の各県と岐阜は美濃の一部エリア、近畿は奈良を除く各府県となります。

問い合わせ可能な時間帯は365日24時間対応なので休業日は基本的に存在しません。この戸建て住宅専門のメンテナンスでは屋根や外壁などの基礎部分、内壁や床、換気扇など電気系統、手すりや階段などバリアフリー、浴室や給水管の更新など水回りなど幅広く対応しています。さらに鳥の巣撤去やシロアリ対策などもしています。

株式会社さくらメンテナンス工房

「株式会社さくらメンテナンス工房」は、地域密着型のホームメンテナンスを行っています。戸建の給水管の更新工事などの給排水管の点検をローコストでマンションなどの集合住宅と同じメンテナンスを提供しています。

また「株式会社さくらメンテナンス工房」では、さくらモニターというサービスを提供しています。これは、会員制のトータルホームメンテナンスのさくらクラブのサービスの一部をお試し価格で利用できるものとなっています。

さらに「株式会社さくらメンテナンス工房」は、年中無休となっています。どんな悩み相談でも聞いてくれます。フリーダイヤルの電話なので電話代を気にせずに相談ができます。

株式会社タイコー

「株式会社タイコー」は、本社は千葉県船橋市にあります。営業所は、東京都内と神奈川県にあります。マンションの給水管や排水管の更新工事や更生工事などを請負っています。これらの工事に対して豊富な経験や実績がありますので、安心して依頼することができます。

また「株式会社タイコー」では、年中無休となっていますのでいつでも依頼することができます。365日24時間営業をしていますので、緊急時でも即対応してくれます。早朝でも深夜でもどの時間帯でも対応してくれます。

さらに「株式会社タイコー」では、マンションの専有部の工事は全て1日での施工にこだわりがあったり、高品質と低コストにもこだわりがあります。そのためお客に喜ばれています。

株式会社コウセイ

「株式会社コウセイ」は給水管や排水管の更新工事や更生工事を施工していますが、安心保証が付いています。保管期間中に「株式会社コウセイ」の施工上の責任が認められる原因の場合には、施工範囲内に限って無償で修理してくれます。

また「株式会社コウセイ」は、見積りは最短で翌日に返信することができます。メールか電話での見積りが可能です。なお見積りの料金は、無料でサービスをしていますのでお客側には費用は一切かからないようになっています。

さらに「株式会社コウセイ」は確かな技術を持ったスタッフがいるため、平成29年も数多くの施工実績がありますので安心して依頼することができます。またISO9001とISO14001も認証取得しています。

東洋メンテ工業株式会社

東洋メンテ工業株式会社は昭和56年10月29日に設立され、現在の活動拠点は本社が千葉県千葉市の若葉区に対して、柏営業所は千葉県柏市の花野井という場所に所在しています。会社での窓口受付時間は平日の9時から17時までとなっていて、土休日は受け受けていません。

会社の主な事業内容は排水管や貯水槽などの高圧洗浄、給水や排水設備の工事、配管診断や漏水調査、スキャンシール工事や水廻り修理、他にも各種点検やリフォーム工事もやっています。これら建設業での活動を可能にするための許可や資格として、管工事業や塗装工事業では千葉県知事許可(般-24)第29611号をはじめとして、他にも5種類ほどの許可資格を得ています。

これらの事業内容の中で特に中心的存在に該当するのが給水管の更新や更生対策などです。更生工事ではスキャンシール工法を使用して既存の配管内部をきれいにしてエポキシ樹脂を塗布して延命工事をするなどしています。ちなみに通常の窓口受付時間は平日昼間時間帯だけですが、緊急時依頼は24時間365日対応可能となっています。

給水管の更新工事が目的の場合には

ライフラインを確立させるために、給水管が老朽化してきた場合には、当然ながら特定の業者に更新工事をお願いする必要があります。修復作業だけで済むと言うのであればそれが一番かもしれませんが、あまりにも老朽化が進んでいるのであれば、素直にお金をかけて、そして時間をかけつつ、確実に更新工事をした方が良いでしょう。できるだけ実力があり、そこまでお金がかからないような、コストパフォーマンスの良い業者を厳選することが大事だといえます。今まで更新工事をお願いしたことがない人は、素人判断で選ぶのではなく、経験のある人に声をかけて、オススメの業者を教えてもらったほうが確実です。身の回りで更新工事の経験者がいるなら、その人たちからお勧めの業者を紹介してもらい、現場で見積もり金額を出してもらいましょう。

身の回りで経験者がいなくてもそこであきらめるのではなく、いろいろなツールやコンテンツを活用して、業者の評判をチェックするのがお勧めです。特にインターネット上の口コミを確認できる情報サイトや、工事業者の人気ランキングサイトなどを利用して調べてみるのが得策だといえます。そういった努力と工夫をするだけで、全国規模で優秀な給水管更新工事業者を探すことができるでしょう。特定の業者をある程度厳選することができたら、その業者のホームページを見て確認することも大切です。ホームページでは、今まで行ってきた更新工事の事例等が確認できるようになっているケースが多いので、参考材料としてチェックするべきだといえます。以前に更新工事を行った際に、どこでどれくらいの時間とお金をかけて行ったのか、その辺に注目して、調べておくと良いでしょう。

また、更新工事が終わった後もしっかりとフォローしてくれるような業者であれば、なお安心できます。アフターメンテナンスを定期的に行うことによって、給水管の寿命をどんどん伸ばすことにつながるでしょう。基本的に給水管の寿命は30年前後と言われているので、極力それくらい長持ちできるよう、しっかりとメンテナンスを施すことが大事だといえます。その重要性を理解している業者は、保証期間を長めに設定してくれますし、メンテナンスに関しても進んで行ってくれるはずです。知識が豊富な業者は、メンテナンスも効率よく行ってくれるので、特に問題ないでしょう。更新工事を行うときは、それなりに大きな音が発生します。周辺住民に嫌な思いをさせないように、事前に告知をしておくことが大事です。できれば工事業者と一緒に家に訪れて、話をしておきましょう。

カテゴリ

PAGE TOP